スポンサーサイト

  • 2015.02.15 Sunday | - | | - | - | by スポンサードリンク


一定期間更新がないため広告を表示しています


バダットビレッジ、まじいごこちよすぎ♥



 やっとたどりつくと、山の中にかわいらしいロッジ。







 バダットビレッジには五件ほどのゲストハウスがあるらしい。
 ここもヘンリーのオススメの バダットペンションというところ。
 バダットは登山の途中の泊まり宿みたいに使われているのか、
一日泊まりの登山の欧米人がやたら多い。
ちょっと休憩にきたお客さんの中に日本人がいて、
ここに住んでるの?と聞かれ、彼女から、すごくここに馴染んでるといわれてしまった。(笑 )
私達はとてもここが気に入り、二日間ここで過ごすことにする。 

この二日間は棚田の中を散歩したり






編み物したり、


猿のジョカーとあそんだり






お酒を飲みながら歌をきいたり、




ゲームをしたり






焚き火をしたりと本当にゆっくりまったり過ごした。

バナウェ二日目、バダットへの道中。



バナウェ二日目
朝起き、軽い朝食をすませ

 バダットビレッジへ 

朝10時に約束していたヘンリーが迎えにきてくれ、
いざバダットビレッジへ。
これがバイクタクシー、トライシルク。
 1時間程、山道をトライシルクで走る。


道中の景色は絶景。


ここからはトライシルクははいれない。

さあ、これからは登山だ。




1時間ほど歩くと、休憩所があり、そこでちょっと一息。






道中のあちらこちらにかわいらしい花が…
だれが植えた訳でもなくただ咲いている。




そこからさらに1時間程あるく。



 どんだけ山の中に住んでるの?というくらい、山の中。
道が急なので、ヘンリーが竹を切ってくれた。
荷物も彼がからってくれる…


やっと、バダット。



 周りは見渡す限りの棚田。



石畳がひとつひとつ丁寧に敷き詰められ、見事としかいいようがない。



 さすが世界遺産。



 あまりの絶景にフィリピンにきてよかったと思う。








 フィリピンは今回が最初で最後と思ってきたが、もう一度きてみたい国のひとつになった 。

バナウェ一日目



バナウェ一日目 朝目が覚めると、あたりは山の中。


 バナウェは、棚田に囲まれた田舎町。


マニラとはまた雰囲気がぜんぜん違う。
それでも、ここら辺周辺では、都会らしい。


 8時にバスがつき、つくとトライシルクのお兄さんが
ガイドを頼まないかと声をかけてくる。
トライシルクとはバイクタクシーみたいなもので
、観光客が多いこの街は、結構いい仕事になるみたいだ。
 その中にヘンリーという日本語がはなせるお兄さんがいて、
彼にガイドを頼むことにした。
今日は一晩バスに揺られたので、ガイドは明日頼むことにした。


 ゲストハウスもとりあえず彼が案内してくれたピープルという所に決め、
お昼までゆっくり過ごし、お昼からタムアンビレッジというところにいってみる。
ピープルから約20分くらいのところ…



ユースホステルの端っこの階段を降りると階下にタムアンビレッジがある。


降りていくと木工作業していた人がいて
スプーンを作れるか聞くとできるというので
作ってもらう。


もっと、大きく、とか
もっと細くとか
いろいろ注文して2つのスプーンを作ってもらう。
1つ100ペソ。
なかなかかわいいスプーンができて、私的にうれしい。




明日香は隣の雑貨の女の子とおしゃべりをして
その日の午後を過ごした。
明日香はその女の子、ミラと友達になっていた。


数時間をタムアンビレッジで過ごし、
夕方になり雨が落ちだしたのでゲストハウスにもどり
近くのカフェで夕食を。

夜行バスのつかれもあり、早く休む




 

明日香と話し合った結果…



朝起きると、マニラは常夏。


じりじりと太陽が照らしている。



昨日までコートを着ていたというのにタンクトップで
短パン。


そして、暑いのにクリスマス。
クリスマスは寒い時と思っていたけど
暑いこの国でもジングルベルの音楽が聞こえてくる。


明日香と話し合った結果、バスが取れたらハナウェにいこうということに。


 で、いざハナウェ行きのバスが出ているオートバスへ 




そこまでがメチャメチャ遠い 。
明日香は体調が良くないくせに、もくもくと歩く。
 


安いジムニーの乗り方はてんでわからない。
 けれども、下手くそな英語でききながらジムニーに乗り、
地球の歩き方をみながら電車に乗り…






歩きつかれ休憩しながら…
やっとオートバスへつく。

 地球の歩き方にはオートバスと書いてあったがおはやみバスという名前だった。
 バスは多分ギリギリの席だったのだろう。


 席がとれたので、私達のバナウェ行は決定。
 しかし、バスの出発まで7時間。


 その7時間を私達はスタバで過ごし、






10時発のバナウェ行のバスに乗った。

。 ここで、私達はスタバのありがたさを実感。
 その日は疲れていたせいか、バスの中てはぐっすり寝れた。

マニラの朝



 朝目が覚めて、ホテルのテーブルで
調べ物

このホテル
なかなか親切。

WiFiもつながるし
助かるわ〜

明日香はまだお休み中
私はどんなに遅く寝ても目が覚めてしまう

さて、今日はどうしょうか

バナウエイに行く予定だが、色々調べてみると
いってみたいところが‥

日本ではなにかと忙しく地球の歩き方もゆっくり
みてなかったし

まあ、ゆっくり考えるか

明日香がおきたら、相談してみよ、

はるみと明日香の珍道中



 昨日の3時40分発の予定の飛行機がまたもや
遅れ、やっと日本を経ったのが4時半


韓国に6時すぎにつき、1時間後に韓国を出発。
韓国は空港のあたり一面が雪景色。


と思いきや、韓国からマニラの飛行機は冷房が
‥‥

マニラにやっとついたのが12時すぎ
これから泊まるとこみつかるなの?
一応泊まるとこのリストはつくってきたけど
こんな時間に電話??

と、空港の案内所が‥‥

たすかった〜

色々当たってくれ、泊まるとこ確保。

で、タクシーを広い、いざゲストハウスへ

ところが空いてないという 

続きを読む >>

しょっぱなからハプニング(笑)



 ところが…

バスに乗って橘交差点あたりで旅行会社から
緊急で連絡をとりたいとメールが…


バスのなかからだったけど、電話をしてみると
韓国が大雪で飛行機が飛ばないらしい…


えーーーーーーーーーーーーー

とういわけで、ひとまずバック

南関でおろしてもらい

ダーリンにむかえにきてもらいました。

もう、笑うしかない







さて、どうするか
明日考えましょ

帰って、ビールでも飲むか…




いざ、フイリピンへ



主婦が10日間も家をあけるのは
なにかと準備が…

ワイシャツのアイロンがけ
すべての洗濯
ご飯をたくさん炊いて冷凍に…

料理を作ってこわけして冷蔵庫へ



しばらく家をあけるので
なんでも干しちゃいましょ

そしていざフイリピンへ




いってきます〜

明日からちょっくらフイリピンへ行ってきます。



 




何故こんな師走の忙しい時期にフイリピン???

ですよね〜

実は、娘の明日香がフイリピンの友人の里帰りに
ついて行く予定だったのですが、事情があり、その友人が
行けなくなり、
明日香よりラブコール
お母さんと行きたい…

とういことで、ちょっくらいってきます。
とはいっても、明日香もそこに行くのは友人の里帰りについていくくらいしか
おもっていなかったので、
あわてて、どこにいくのか


で、買ってきちゃいました。
地球の歩き方。
まあ、道中、地球の歩き方をみながら決めるとするか…


メインの本染手織研究所、まじ素敵。



昨日は今回の目的の明日香が気になって、
見学に来た織物の学校。



なんと、ゲストハウスゆうりんかんから
歩いて2、3分のところ…

見学させてもらって、明日香がいきたそうな
ところだな〜と私までウキウキ。




機織りの教室の写真
先生とっていいですかあ〜とお願いして撮らせていただきました。(笑)
明日香から、まったく〜と怒られちゃった。

学校も先生も、そして倉敷の町もとっても素敵なところで
初めて訪れた町でしたが、またここに訪れることがあるような
そんな予感が…

見学はお昼からだったので私達は



大原美術館をみたり〜


町のおもいろいとこを探しにいったり〜
ここは古本屋さんで彼女は
本が大好きで
亀とこけが好きでその研究をし、それを本にしたら
とても売れてこの店が有名になったとか…
しかし、残念ながら休みだった

で、有りん館おすすめのカレーやさんで腹ごしらえ


海老フライカレーと


ハンバーグのハヤシライス

ほんと、オススメだけあって、まじおいしかったわ〜



<< | 2/3PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR